News

画像:新着情報

  • お知らせ
  • コラム

石川・加賀 たわらや社員インタビュー #女将

Work and People 

 

たわらや には、多様なバックグラウンドを持つおもてなしのプロフェッショナルが集まっています。
それぞれの社員がどのような想いで事業と会社に向き合い、たわらや という舞台でチャレンジし続けているのかを紹介します。

今回は、老舗旅館の顔として25年目を迎える女将をインタビュー!

画像:若女将イメージ

 

 

今年で女将歴、25年目を迎えます

 

「女将」という言葉から、皆さんのは何を連想されますか?
きっと、素敵な着物を着てお客様をお出迎えをする絵を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

私の場合、女将として5年目までは表に出る機会は少なく、裏方メインでフロントに立ち、接客や予約対応をしておりました。
お着物を着るようになったのはその後で、6年目になると団体のお客様が多い時代でしたので宴会場周りや、フロントでのお出迎え、お見送りをさせて頂いておりました。

時代と共におもてなしのスタイルも変わり、今はフロントで旅館の花形としてお客様に笑顔をお届けし、より多くのお客様に愛される温泉旅館運営を行っています。

 

女将の流儀について教えてください。

 

一期一会を大切に、その日その日をベストな状態でお客様をお出迎えすること。

フロントはお客様が旅館にご到着されて、最後にお見送りをする重要なポジションです。
自分自身が笑顔でお客様と接すれば、自然とお客様も楽しく滞在して頂けると思い、日々立たせて頂いています。

たわらやの特徴はお客様との距離が近く、お客様ごとに合わせた温かみのあるおもてなしができることです。

 

 

 

若女将を目指される方、たわらやで働くことに興味のある方は、記事の続きをこちらで紹介しています★

たわらや では経験やスキルに問わず、一緒に仕事をするメンバーを募集しております!

最新募集状況をご確認ください♫